環境省選定 平成の名水百選
北海道東北関東・甲信北陸東海近畿中国・四国九州沖縄
湧水 滋賀県米原市
居醒の清水(いさめのしみず)
名水画像
位置情報

周辺の自然環境
日本書紀や古事記に日本武尊が傷を癒すために用いたと記される湧水。また、居醒の清水を源流とする地蔵川には希少な魚ハリヨが生息。湧水に揺れる梅花藻を見に多くの観光客が訪れる。
利用状況
水道が完備される昭和37年以前は、各家に設けられた井戸水とともに飲料水として利用されてきた。
また、夏場には野菜洗いや自然の冷蔵庫として、お茶、スイカ等を冷やすのに利用されている。
また地蔵川の水を引き込み、鱒の養殖が行われている。

水質・水量
水温が年間を通じて12.3〜15.0度。1日の湧水量:約1・5万トン
由来・歴史
「古事記」、「日本書紀」にも記載されている日本武尊が伊吹山の荒ぶる神の毒気にあたったとき、その高熱を源流の水で癒したという「居醒清水(いさめのしみず)」、「居醒の泉」と記載されている。
水質保全活動
地域住民により河川掃除を実施されている。
古来より歴史ある地蔵川は『みんなの川』という意識が強く、川を汚さない、水を汚さないという気持ちや心構えから、現在においても清流が維持されている。

その他の写真

アクセス
【 鉄道・バスでお越しの場合 】
■ JR「醒ヶ井駅」下車→徒歩10分

お問い合わせ
滋賀県米原市 経済環境部 環境保全課
〒 521-0392
滋賀県米原市春照490番1
TEL : 0749-58-2230
kankyohozen@city.maibara.lg.jp
その他
その他の問い合わせURL
米原市観光ガイド
http://www.maibarashi.jp/
アクセスマップ
アクセスマップ図

戻る
ページトップへ