環境省選定 名水百選
北海道東北関東・甲信北陸東海近畿中国・四国九州沖縄
身を切る冷たさ ひっそり・・・幽玄の世界
湧水 愛媛県西予市宇和町明間
観音水(かんのんすい)
名水画像
鍾乳洞からの湧水であり、肱川に注いでいる。市の名勝にも指定され、湧き出るせせらぎ以外物音ひとつない静けさという。その昔観世音に念じたところ、山の嶺から清水が湧き出したとの伝説が残っている。
位置情報

おすすめの時期
5月〜8月
周辺の自然環境
自然に囲まれた静かな場所。
利用状況
湧水から湧出した水を飲用に利用。
イベント情報
4月下旬〜9月上旬
『観音水そうめん流し』
名水百選選定の観音水で毎年恒例となっているそうめん流し。
暑い季節を観音水のひんやりとした空気とともに癒してくれる。

水質・水量
水量・水質は選定当時とほぼ変わらず日量8000トン、良好な状態を保っており、水質は弱アルカリ(pH8.0)で冷たい水、おいしい水、清い水としての声を多くいただき、天の水、霊水として崇められている。
由来・歴史
天正時代の頃、明間堂山城主兵頭藤右衛門一族の一人が、京都清水に参拝。満願の日に観世音の御姿を見、城に尊影を安置し、観世音に「御利生に水を・・・。」と念じたところ山の嶺から清水が湧き出した。との伝説が残っている。観世音は、通称観音山(現在の城の森の下)の観音堂に安置され、祭日に中山観音水御室へ御移していたが、明治末期に焼失し、本尊は焼け爛れた姿となっている。観音堂跡地には参道石段、手水鉢が残されている。
水質保全活動
地元住民が自然環境と環境施設(トイレ・遊歩道)の清掃活動を積極的に行っている。
その他の写真
写真

 そうめん流し
写真

 観音水1
写真

 観音水2
写真

 観音水3


写真

 観音水4
写真

 水汲みに訪れた方々
写真

 石碑
写真

 表示看板



アクセス
【 鉄道・バスでお越しの場合 】
■ JR予讃本線「卯之町駅」下車⇒野村方面へ車で20分

【 お車でお越しの場合 】
■ 西予宇和IC⇒野村方面へ車で15分

お問い合わせ
西予市産業建設部 経済振興課
〒 797-8501
愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目434番地1
TEL : 0894-62-6408
keizaishinkou@city.seiyo.ehime.jp
その他
太古の昔から湧き出ずる冷水にして涸れることのない水源であり、住民は神仏の水と崇め奉り、天の恵みに毎年8月10日を祭日と定め感謝の気持ちを表し、無病息災、五穀豊穣を祈念している神聖なところです。
アクセスマップ
アクセスマップ図

戻る
ページトップへ