環境省選定 名水百選
北海道東北関東・甲信北陸東海近畿中国・四国九州沖縄
湧水 愛媛県西条市
うちぬき(うちぬき)
名水画像
西条市内に広範囲に湧き出る自噴水は「うちぬき」と呼ばれ、江戸時代中期に発祥したといわれている。通年で水温変化もなく、湧量が豊かな水は生活用水、農業用水、工業用水等において重要な役目を果たしている。
位置情報

おすすめの時期
現在おすすめです
四季を通じて温度差が小さく水が豊富。

周辺の自然環境
西条市は、温暖で雨の少ない瀬戸内海気候区に属し、四国山地を背に瀬戸内海に面した町である。西日本最高峰の石鎚山を中心とした高山群を源とする加茂川によって運ばれた水が、市街地で自噴し、豊かな水が四季を通じて尽きることなく溢れている。
利用状況
うちぬきは、清涼で豊富な自噴水であることから、古くから住民の飲用水、生活用水、農業用水、工業用水などのあらゆる水として利用されてきた。今でも西条地域の中心部には水道施設がなく、全ての地域住民が地下水を飲用水、生活用水として利用しており、昔ながらの「うちぬき」の自噴井も約2,000本ある。
イベント情報
10月14日〜17日 西条祭りが毎年行われ、何万人もの観光客が訪れる。
水質・水量
西条の地下水量は、地下水資源調査の結果、自噴地帯の地下には約3億m3の地下水が貯蔵されていると推測されている。水質については、毎年検査を実施しており、全ての検査箇所で飲用水の水質基準に適合する安全で美味しい水であることが証明されている。「うちぬき」は、ミネラル成分のバランスがいい軟水。
由来・歴史
「うちぬき」は、江戸時代中期に始まったと言われている。河川河口部に位置し、用水路の末端にあたる禎瑞地区が発祥地であろうとされており、同地区にある嘉母神社には「うちぬき音頭」が残っている。
水質保全活動
水源地域の森林を守る「水源の森事業」や森林の育成、保全活動を行うとともに、地下水位や自噴量の継続的な監視を通して、地下水量の維持保全に努めている。また、飲料水としての水質を確認するために継続的な水質検査の実施も行っている。
その他の写真

アクセス
【 鉄道・バスでお越しの場合 】
■ JR予讃線「伊予西条駅」駅前や市街地に点在


【 お車でお越しの場合 】
■ 四国縦貫自動車道西条IC⇒国道11号を西進して市街地に至る

お問い合わせ
西条市役所生活環境部環境課水・環境保全係
〒 793-8601
愛媛県西条市明屋敷164
TEL : 0897-52-1382
kankyo@saijo-city.jp
http://www.city.saijo.ehime.jp/
その他
現在の西条市は、平成16年11月1日に西条市、東予市、丹原町、小松町が合併して、新しく誕生した「西条市」です。
「うちぬき」は、合併前の西条市の中心市街地とその周辺に広がっています。
合併前の西条市では、全市民の73%が地下水をそのまま飲料水として利用しており、水道水源も地下水ですので、山間部を除き、全ての市民が地下水を飲料水として利用しています。
アクセスマップ
アクセスマップ図

戻る
ページトップへ