環境省選定 名水百選
北海道東北関東・甲信北陸東海近畿中国・四国九州沖縄
湧水 山口県美袮郡秋芳町大字別府水上
別府弁天池湧水(べっぷべんてんいけゆうすい)
名水画像
カルスト地域に見られる湧水池であり、生活用水や養鱒用として利用されている。伝説では、この地域で林を開拓したが農地用水がなかったので、社を建立し祭や神楽を奏し水源を探したところ、にわかに水が湧き出したと言われている。
位置情報

おすすめの時期
現在おすすめです
一年を通じて定期的に水をくみに来る人も多いが、別府弁天祭り、そして日本一甘い秋芳梨の梨狩りの時期である8月から9月がお勧め。

周辺の自然環境
すぐ隣には、町営の養鱒場があり、観光釣り堀もある。池周辺の料理店で釣り上げた鱒を調理してもらうこともできる。
利用状況
別府弁天池からの湧水を、飲料、鱒の養殖、水田に利用。
イベント情報
毎年9月の第一土曜日の翌日(日曜)に別府弁天祭りが開催される。このお祭りは、豊年満作を願い、神の恵みである水に感謝する祭りで、山口県指定無形文化財「別府念仏踊り」が奉納される。全国名水百選「別府弁天池」周辺では、田舎芝居や露店が立ちならび、多くの客で賑わう
水質・水量
年間を通じて水温14.5℃、カルシウム含有量が20PPmと適量であるため、人間の味覚に大変美味しく感じさせる。湧出量は毎秒約168リットル。
由来・歴史
昔、今を溯る奈良時代、堅田の長林を開墾したいと願って、日夜工夫していた別府の長者飯田石見守の夢枕で、老翁に二つの鎌で林を切り開けと教えられ、目が覚めてみると鎌だけが残っていた。教えられた通り長林を切り払い農地を開拓はしたものの、肝心な水が無く困っていた処、その夜に諏訪明神のお告げが有り、「これより北にある弁財天を勧請して祭りをすれば必ず神の恵みがある。」とのことであった。さっそく社を建立して祭りや神楽を奉納した処、その夜に俄に水が噴き出したとされている。
その他の写真
写真

 
写真

 

アクセス
【 お車でお越しの場合 】
■ 中国自動車道美袮IC⇒車で約20分(10km)

お問い合わせ
秋芳町健康福祉課
〒 754-0511
山口県美祢郡秋芳町大字秋吉5335-1
TEL : 0837-62-1907
karusuto@karusuto.com
http://www.town.shuho.yamaguchi.jp/
アクセスマップ
アクセスマップ図

戻る
ページトップへ