環境省選定 名水百選
北海道東北関東・甲信北陸東海近畿中国・四国九州沖縄
湧水 島根県隠岐郡海士町大字知々井
天川の水(てんがわのみず)
名水画像
奈良天平の頃、僧行基が訪れた際、木陰の洞窟から湧水に霊気を感じ、ここに建物を建てて聖観世音菩薩をまつり、清水寺と号し、この水を天川(天恵の水)と名付けたという。清水寺境内の聖域としての環境を大切に保存している。
位置情報

おすすめの時期
4月から9月にかけて周辺の木々の緑に覆われたり、目の前の田園風景と併せて情緒がある。
周辺の自然環境
県指定文化財である観音像を有する清水寺境内にあり、水は境内の池に注ぎその周りは木々で囲まれている。また、道路を挟んだ目の前には田園風景が広がる。
利用状況
10年前までは簡易水道水源として利用されていたが、現在は主に農業用水として利用されている。
水質・水量
現在は簡易水道として使われていないが水量は選定時と変わらず400トン/日ほどと思われる。
由来・歴史
奈良天平のころ僧行基が隠岐行脚で当地を訪れたとき、うっそうとした木陰の洞窟から流れ出る湧き水に霊気を感じ、ここに建物を建てて聖観世音菩薩をまつり、清水寺と号し、この水を天川(天恵の水)と名付けた。そのころからこの地方では湧水井戸を川と呼び、いつのころからか池をつくり石仏がまつられている。
水質保全活動
清水寺境内の聖域として地元住民により大切に保全されている。
その他の写真
写真

 
写真

 
写真

 

アクセス
【 お車でお越しの場合 】
■ 隠岐海士町菱浦港から車で15分程。

お問い合わせ
海士町役場生活環境課環境係
〒 684-0403
島根県隠岐郡海士町大字海士1490
TEL : 08514-2-1826
http://www.oki-ama.net/
その他
隠岐諸島中ノ島のここ海士町は簡易水道の水源を全て地下水でまかなっています。平成7年夏の全国的な水不足時に他の島が本土から給水車を船に載せ水を補給していたにもかかわらず、海士の地下水は減ることなくいつものとおり水が確保されていました。大きな山や森があるわけではありませんので島という環境としてはめずらしいことではないでしょうか。
アクセスマップ
アクセスマップ図

戻る
ページトップへ