環境省選定 名水百選
北海道東北関東・甲信北陸東海近畿中国・四国九州沖縄
湧水 滋賀県米原市大清水
泉神社湧水(いずみじんじゃゆうすい)
名水画像
天智天皇がこの地を弓馬繰錬場と定め、人々が住居を構えた際、清冽な水が湧き出したと言われている。伊吹三名水の一つで、日本武尊の居醒水(いざめみず)でもあり、小栗助重が病の平癒を祈願した命乞いの水として由緒深いものである。
位置情報

おすすめの時期
現在おすすめです
時期に関係なく、年間を通じて湧水量が豊富

周辺の自然環境
米原市には日本百名山のひとつである伊吹山とその南には霊仙山がそびえ、総面積の約7割を占める森林にたくわえられた水は清流姉川や天野川となって地域を流れ、母なる琵琶湖に注ぐという水と緑に包まれた自然豊かな地域です。そこには、伊吹山のお花畑、姉川の清流、三島池のマガモ、天野川のホタル、鮎、醒井のハリヨと梅花藻など、貴重な動植物の宝庫となっています。また、名水百選に指定されている泉神社湧水をはじめ古来から大切にされてきた湧水もいくつかあります。このように、豊かな自然は、人の生活にうるおいとやすらぎを与えています。
利用状況
ミネラルを多く含み、おいしいと評判で、水をくみに遠方からも多くの人が訪れている。水が容易にくめるよう、整備も施されている。
イベント情報
9月頃、泉神社内において名水湧湧(わくわく)祭りが2年に1回開催される。
水質・水量
伊吹山麓に源を発し、石灰岩の岩間を縫い神社境内に湧き出したもので、ミネラルを含んだ清く、美しく、うまい水。平均気温11℃の冷水で、1日の流水量は約4,500トンと豊富で良好な水質である。
由来・歴史
この水は、天智天皇がこの地を弓馬繰練場と定められ、人々が住居を構えた際、湧き水がでて川を形成したとあり、以後「天泉所」と呼ばれ、大清水と改名された。伊吹三名水の一つ・日本武尊の居醒の水・小栗助重が病の平癒を祈願された命乞いの水として由緒深いものである。昭和60年7月に環境省より、「名水百選」に選ばれ、「泉神社湧水」として認定された。
水質保全活動
地元住民はこの水を神のごとく大切にしており、清掃活動はもちろんのこと、用水管理については水利組合の規約により、昔から引き継がれ、優良な水環境の保全・保持に努めている。また、地元では「泉神社湧水保存会」が発足しており、水の保全活動を積極的に行っている。
その他の写真
写真

 外観
写真

 看板
写真

 水汲み風景
写真

 石碑


写真

 湧水口付近
写真

 

アクセス
【 鉄道・バスでお越しの場合 】
■ JR東海道本線「近江長岡駅」下車⇒近江バス伊吹山登山口行(約10分)「杉沢」下車⇒徒歩20分
■ 名神高速米原IC/関が原IC/北陸自動車道長浜IC⇒いずれも車15分

【 お車でお越しの場合 】
■ 名神高速道路米原IC、関ヶ原IC又は北陸自動車道長浜IC⇒いずれも約15分


※水汲み場は湧水地とは別の場所に設置されています。


お問い合わせ
米原市経済環境部環境保全課
〒 521-0392
滋賀県米原市春照490番地1 米原市役所伊吹庁舎
TEL : 0749-58-2230
kankyohozen@city.maibara.lg.jp
http://www.city.maibara.shiga.jp
アクセスマップ
アクセスマップ図

戻る
ページトップへ