環境省選定 名水百選
北海道東北関東・甲信北陸東海近畿中国・四国九州沖縄
湧水 三重県志摩市磯部町恵利原
恵利原の水穴(天の岩戸)(えりはらのみずあな(あまのいわと))
名水画像
伊勢志摩国立公園内の逢坂山の中腹にある洞窟から湧出しており、志摩用水の源水となっている。天照大神が隠れ住まわれたと伝えられる伝説の場所。地元老人クラブが毎月例祭、清掃等の環境活動を行っている。
位置情報

おすすめの時期
7月〜8月(夏) 四季を通じて、地元市民や観光客が訪れている。
周辺の自然環境
 一帯が石灰岩の岩山で、伊勢神宮林等の樹木で覆われた空間となっている。周囲は透き通るように清らかな空気に満ちており、水穴からあふれる冷たい水と神々しい木立の清浄感のリラクゼーションが味わえる。
流れ出た水は、満々と水をたたえる神路ダムへと注がれ、雄大な神宮林が生み出す清らかな水を集め、志摩半島の水瓶として利用されている。また、近くには‘おうむ岩’や皇大神宮(内宮)の別宮の伊雑宮がある。

利用状況
観光案内等では煮沸して飲むことを勧めている。※ご飯を炊いたりお茶を点てたりする個人はいるが、商用としては認めていない。
イベント情報
「桜咲く、天の岩戸で茶屋開き」(3月下旬から4月上旬の休日)→水穴の手前にある「オオシマザクラ」の花見会が志摩観光協会により行われている。

水質・水量
水質・水量は選定当時とほぼ変わらないが、年2回(夏冬時)水質調査を行っており検査日時によって大腸菌が検出されるときもある。水量も変わらず日量31,000トンである。PHは7.8、味や臭気も異常なしで良好な状態を保っている。
由来・歴史
天照大神が隠れ住まわれたと伝えられる伝説の場所。水穴の近くには雨乞いにご利益があると言われている水神が祀ってある。現在の参道は大正時代に真珠王の御木本幸吉が、一人でも多くの方に訪れて頂けるように改修したと言われている。
水質保全活動
毎月22日に恵利原老人クラブが例祭を開催し、清掃・整備等の保全活動を積極的に行っている。
その他の写真
写真

 水穴への遊歩道
写真

 水穴からの水
写真

 
写真

 


写真

 
写真

 オオシマザクラ
写真

 
写真

 駐車場とトイレ



アクセス
【 鉄道・バスでお越しの場合 】
■ 近鉄志摩線「志摩磯部駅」下車⇒磯部バスセンターから三交バス伊勢市行(伊勢道路経由・約10分)「天の岩戸口」下車⇒徒歩15分
■ 近鉄山田線「伊勢市駅」下車⇒駅前から三交バス御座五ヶ所方面行(伊勢道路経由・約30分)「天の岩戸口」下車⇒徒歩15分


【 お車でお越しの場合 】
■ 県道伊勢磯部線(伊勢道路)の「天の岩戸口(バス停)」より約2km(駐車場・トイレ有り)

お問い合わせ
志摩市生活環境部環境課
〒 517-0592
三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
TEL : 0599-44-0228
kankyo@city.shima.mie.jp
http://www.city.shima.mie.jp/
その他
観光戦略室 0599-44-0005
環 境 課 0599-44-0228
※水穴からの水を飲料用に利用される場合は熱処理等ののち使用して下さい。
※駐車場の近くに「家建の茶屋」跡がある。「伊勢参宮名所図会」寛政九年(1797年)にも描かれており、もっとも古い茶屋であったと思われるが詳しいことはわからない。現在は碑がたてられている。また、茶屋跡には市文化財の天然記念物に指定された直径67センチのオオシマザクラがあり春には多くの観光客の目を楽しませてくれる。

アクセスマップ
アクセスマップ図

戻る
ページトップへ