環境省選定 名水百選
北海道東北関東・甲信北陸東海近畿中国・四国九州沖縄
湧水 三重県四日市市智積町
智積養水(ちしゃくようすい)
名水画像
古くから枯水に苦労していたこの地方では、この清水を宝として、暮らしを支える「智積養水」と呼び大事にしてきたが、いつの日か忘れ去られ、汚れてしまっていた。約30年前に、自治会や子ども達が浄化を始め、今も保全に努めている。
位置情報

おすすめの時期
現在おすすめです
年間を通じて(特に秋の紅葉時期が見ごろ)

周辺の自然環境
のどかな田園風景。
利用状況
四日市市の隣町である三重郡菰野町内の蟹池に源を発する寺井川が智積町地内を流れ、生活用水および農業用水として利用されている。
水質・水量
水量は約19,000トン/日の流量を有している。
由来・歴史
四日市市智積町は、昔から「旱損所」といわれ、日照り続きには水が枯れ、逆に豪雨時には怒濤の如き上流から水の襲来を受けるため、穀物収量への影響は死活問題として、川上の菰野町と川下の智積町とは争いが絶えなかった。したがって、農業用水や生活用水の保全については、恵みの水のありがたさを日常生活を営むなかで語り継いできた。そのような背景のもと、菰野町から清水として湧き出て智積町に至る1.8km、幅1〜2mの川を町の宝として引き継いできた。毎日の米とぎや洗濯、洗顔、入浴に至るまで幼い頃から川の水を使ってきたため、人々はいつからともなく用水ではなく、暮らしを支える「智積養水」と呼ぶようになった。
水質保全活動
昭和47年、「地域を美しくしよう」という運動の一環として、地元子供会が養水に鯉を放流した。以来、毎年放流を続けた結果、「鯉の住む街」として話題を集めるようになり、養水美化運動も地域にしっかりと根づいてきた。このような活動は、子供達の水質保全への意識の高揚と情操教育に役立っている。また、地元自治会では、水路を定期的に清掃、巡回している。
その他の写真
写真

 蟹池
写真

 分流地点
写真

 町並み
写真

 町並みを流れる養水


写真

 智積養水記念公園
写真

 
写真

 

アクセス
【 鉄道・バスでお越しの場合 】
■ 近鉄湯の山線「桜駅」下車⇒徒歩3分

お問い合わせ
四日市市環境部環境保全課
〒 510-8601
三重県四日市市諏訪町1番5号
TEL : 059-354-8188
kankyouhozen@city.yokkaichi.mie.jp
http://www.sakuracom.jp/~kyoudoshi/yousui/
アクセスマップ
アクセスマップ図

戻る
ページトップへ