環境省選定 名水百選
北海道東北関東・甲信北陸東海近畿中国・四国九州沖縄
河川 愛知県犬山市
木曽川(中流域)(きそがわ(ちゅうりゅういき))
名水画像
名古屋市内の上水源等で利用される河川である。現在の流路になったのは、天正14年の木曽川最大の洪水「天正の洪水」以降のことで、急流、河床及び河川が特異な風景をなし、優良な環境として国の名勝に指定されている。
位置情報

おすすめの時期
桜・新緑の「春」と、水の豊富な「夏」
周辺の自然環境
木曽川の最終渓谷で、上流部では山林に囲まれ、チャート(角岩)の懸崖や奇岩・巨岩を望むことができる。
利用状況
良質な水質と豊富な水量により、犬山市や尾張地域の上水源として利用されている。
イベント情報
「日本ライン下り」 一年中:川の景色を楽しみながら、木曽川(約13km:美濃太田から犬山橋下まで)を下る。
「木曽川鵜飼」 6月〜9月:鵜飼は8〜10羽の鵜に魚を捕らせる古典的な漁法で、鵜船のたくかがり火と共に川を下り、鵜匠の巧みな綱さばきと鵜の妙技を間近で見ることができる。
「昼うかい」5月〜10月:鵜が水に潜って魚を捕る瞬間が間近に見られる、日本で唯一の昼うかいを行っている。
「日本ライン夏まつり納涼花火大会」 毎年8月10日:犬山橋の下流で開かれる。約3,000発の華やかな花火の競演に約15万人の見物客が花火に酔いしれる。

水質・水量
水質は「生活環境の保全に関する環境基準」で「AA」を保っており、水量は約1,500万トン/日。
由来・歴史
木曽川が現在の流路になったのは、天正14年(西暦1586年)木曽川史上最大の洪水と言われる「天正の洪水」以降のことで、それ以前はいくつもの支流に分かれ濃尾平野を流れていました。この「天正の洪水」により集中して流れた流路が「木曽川」と言われており、天正18年(西暦1590年)には、豊臣秀吉が木曽川左岸(犬山から長島まで)の築堤をしました。この堤防は度々決壊していましたが、その後の慶長12年(西暦1607年)、徳川義直(家康の第9子)が尾張藩主になると、翌年に徳川家康は、伊奈備前守忠次に木曽川左岸の築堤を命じます。この築堤は、犬山から伊勢湾まで50kmの工事をわずか2年で完成させ「お囲み堤」ともいわれ、尾張を洪水から守るとともに、西国の大名に対する一大防御線を築きました。また尾張藩では美濃側に対して、この堤防より3尺低くするよう圧力をかけたといわれています。
水質保全活動
年2回の水質調査と、地元小学校が木曽川の調査等を実施している。
その他の写真
写真

 犬山橋と木曽川
写真

 国宝犬山城と木曽川(遠景)
写真

 国宝犬山城と木曽川
写真

 城下からの木曽川


写真

 日本ライン夏祭り花火大会
写真

 木曽川と奇岩
写真

 木曽川鵜飼い
写真

 



アクセス
【 鉄道・バスでお越しの場合 】
■ 名古屋鉄道「犬山遊園駅」下車⇒徒歩3分(日本ライン下り乗り場)

【 お車でお越しの場合 】
■ 東名自動車道小牧IC⇒国道41号線を北上し「五郎丸」交差点を北へ曲がり、10分程走行すると「犬山橋」に到着。(犬山橋から上流約15Kmまでの間が、名水百選の木曽川中流域になります)

お問い合わせ
犬山市役所経済環境部環境課
〒 484-8501
愛知県犬山市大字犬山字東畑36番地
TEL : 0568-61-1800
020300@city.inuyama.lg.jp
http://www.city.inuyama.aichi.jp
その他
犬山橋付近からは緑に囲まれた国宝犬山城を望むことができます。
アクセスマップ
アクセスマップ図

戻る
ページトップへ