環境省選定 名水百選
北海道東北関東・甲信北陸東海近畿中国・四国九州沖縄
湧水 東京都国分寺市西元町
お鷹の道・真姿の池湧水群(おたかのみち・ますがたのいけゆうすいぐん)
名水画像
「真姿の池」は、重い病に苦しむ絶世の美女・玉造小町が、「池で身を清めよ」との霊示を受けて快癒したことに由来する。湧水群清流沿いは、江戸期お鷹場に由来する「お鷹の道」で、カラーの花や蛍が人気の遊歩道。
位置情報

おすすめの時期
現在おすすめです
11月下旬〜12初旬 紅葉の頃が見ごろ

周辺の自然環境
湧水群は古多摩川の浸食によってできた国分寺崖線の各所から湧出している。崖はハケと呼ばれ、周辺にはケヤキ・イヌシデ・スギ・コナラなどが多く見られ、雑木林が保存されている。ハケ上は東京都立武蔵国分寺公園となっており、緑に囲まれている。
利用状況
国分寺崖線の各所から湧出した水が、真姿の池・元町用水路を経由し、野川にそそいでいる。用水路はお鷹の道に沿って流れており、都市の中の貴重な親水空間となっている。
イベント情報
11月初旬 国分寺崖線上の東京都立武蔵国分寺公園では「国分寺祭り」が毎年行われている。
水質・水量
水量は約千m3/日の流量を有している。飲用としては不適。
由来・歴史
江戸時代寛延元年より国分寺市内の村々は、尾張徳川家の御鷹場に指定されていた。地元では、崖下の湧水を集めた清流沿いの小径をいつの頃からか「お鷹の道」と呼ぶようになる。「真姿の池」には、嘉祥元年、絶世の美女といわれた玉造小町が難病で苦しみ、病気平癒の祈願のため国分寺を訪れ21日間日参すると一人の童子が現れ小町を池に案内し、この池で身を清めるように言って、姿を消したので、小町がそのとおりにすると病は消え、元の美しい姿に戻ったという伝説がある。
水質保全活動
地元住民及び市による、名水周辺の清掃活動を行っている。
その他の写真
写真

 湧出口を上部から撮影
写真

 湧出口を上部から撮影
写真

 湧出口を正面から撮影
写真

 真姿の池を鳥居側から撮影


写真

 
写真

 
写真

 お鷹の道入口付近(国分寺側)
写真

 



動画
真姿の風景(お鷹の道入り口(国分寺側)より「真姿の池」までを撮影しました。最後の部分が湧水群を代表する湧出口になります。) ダウンロード
アクセス
【 鉄道・バスでお越しの場合 】
JR中央線, 西武国分寺線・多摩湖線「国分寺駅」下車⇒徒歩15分

お問い合わせ
国分寺市観光協会(事務局:国分寺市政策部市政戦略室)
〒 185-8501
東京都国分寺市戸倉1-6-1
TEL : 042-325-0111
その他
国分寺市内には湧水ポイントが数多く点在しており、「お鷹の道・真姿の池湧水群」の他「姿見の池」「新次郎池」「殿ヶ谷戸庭園」に東京の名湧水57選に選ばれた湧水がある。
アクセスマップ
アクセスマップ図

戻る
ページトップへ