環境省選定 名水百選
北海道東北関東・甲信北陸東海近畿中国・四国九州沖縄
用水 群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡地内
雄川堰(おがわぜき)
名水画像
雄川堰はおよそ400年前に構築されたものと推測され、古くから住民の生活用水や非常用水、下流の水田のかんがい用水として利用されてきた。4月上旬の桜まつりの時期には、その景観の美しさに多くの観光客が訪れる。
位置情報

おすすめの時期
現在おすすめです
年間を通じて堰には水が流れているが、特に4月の桜の開花時期は咲き乱れる桜の花と、雄川堰の清らかな流れを両方楽しむことができる。

周辺の自然環境
周辺は雄川堰の清らかな流れに沿って、城下町小幡の古い家並みや桜並木が続いている。
利用状況
標高1,370mの稲含山を水源とする雄川の中流部から取水し、城下町や昔の武家屋敷地帯を生活用水として潤ている他、その下流にある水田の灌漑用水として利用されている。
イベント情報
4月上旬 名水地周辺では、桜祭り(武者行列)が毎年行われ、多くの観光客が訪れている。
水質・水量
水質、水量は選定当時とほぼ変わらず、良好な状態を保っている。水質はどちらかと言えばアルカリ性であり、BOD(生物化学的酸素要求量)は常時2mg/lを下回っていることからも、汚濁の少ない良好な状態と言える。
由来・歴史
織田信長の二男、信雄が大阪夏の陣の功績により、元和元年(西暦1615年)7月23日に大和国松山(奈良県)三万石と、上州小幡二万石を家督相続させた後、織田宗家として小幡に陣屋を築いたときに整備したものである。織田氏及びその後を承継した松平氏は、御用水奉行を置き、水の大切さを説き、雄川堰の管理に力を入れたが、現在は地元住民の手により守られている。
水質保全活動
地元住民により、毎週水路内のゴミ等の回収活動が行われる他、用水組合が年3回水を止めて清掃作業を行っている。
その他の写真
写真

 雄川堰

アクセス
【 鉄道・バスでお越しの場合 】
■ JR高崎線「高崎駅」=(乗り換え)⇒上信線「上州福島駅」下車⇒徒歩20分

【 お車でお越しの場合 】
■ 上信越自動車道富岡IC⇒主要地方道富岡・神流線を甘楽町方面へ南下(約10分)

お問い合わせ
甘楽町健康課保健環境係
〒 370-2292
群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡161-1
TEL : 0274-74-3131
hoken@town.kanra.gunma.jp
http://www.town.kanra.gunma.jp
アクセスマップ
アクセスマップ図

戻る
ページトップへ